ジャニーズグッズを出品!ネットオークションで売るメリットとデメリットとは??

こんにちは。ジャニーズグッズ買取専門店のジャニプリです。
今回は、ジャニーズグッズをネットオークションで売る際のメリットとデメリットについてお伝えします。

まず、オークションとはどのようなものなのか説明します。
そもそもオークションとは、せり売り・競売のことで、販売目的で出品された物品を、最も良い購入条件を提示した買い手(入札希望者)に売却するために、各々の買い手が提示できる購入条件を競わせることです。

 ネットオークションは、その中でもインターネットを利用した電子商取引であり、主に価格が購入条件となっています。

そこでジャニーズグッズをオークションに出品するメリットとデメリットについて見ていきましょう。

メリット

・ジャニーズグッズは購入希望者の側もオークションサイトを利用することが多く、買い手がつきやすい!

 これがオークションを利用する最大のメリットです。特にプレミアがついてファンの間で購入希望者が多いものであれば、入札合戦になり希望よりも価格が高騰しやすいのもオークションならではの利点。希少なグッズを持っている場合には、オークションに出品しインターネットを利用してより多くの方に見てもらうことが賢い選択であると言えるでしょう。

デメリット

・アイドルグッズのオークションは比較的にトラブルが起こりやすい
若い購入者が多く、落札のキャンセルや落札後の値引き要求・発送後の商品状態や対応に対するクレームなど、様々なトラブルが発生しやすいです。

 オークションは個人売買であり相手の顔が見えない取引なので、セキュリティー面や商品の質に対する不安がつきものです。販売者・購入者が共に若いとそのような点に摩擦が生じやすくなってしまうのですね。

・グッズを大量に持っている場合、出品に手間がかかる

 グッズをひとつひとつ扱うとなると、出品のための写真の準備やグッズの記述、売れた後の配送管理など自分で管理しなければならないことがたくさんあり手間がかかります。

 

 いかがでしたか。オークションの場合のデメリットは、信頼できる買取業者に委託することですぐに解消します。一方で、自分が価値のあると感じるものを売る際にはオークションを利用すると良いでしょう。このように両者のメリットとデメリットを踏まえた上で、自分のグッズを手放す方法を考えてみてはいかがでしょうか。


よろしければシェアお願いします

2017年10月に投稿したジャニプリの記事一覧

この記事のトラックバックURL

PAGE TOP